脂肪を減らす、筋肉を増やす。健康できれいにたくましく。

脂肪を減らし
筋肉をつける

ダンベルで腕を鍛える
腕を鍛える
バーベルで鍛える
足を鍛える
腹筋を鍛える
背筋を鍛える
背中を鍛える
全身を鍛える
プロテイン
ダイエット基礎知識
バランスボール
アミノ酸
デトックス
セルライト
コーヒーで脂肪燃焼
カロリーカット
お知らせ
相互リンク

からだのための情報

BMIとは
肥満と肥満症
欧米人と日本人の肥満
倹約遺伝子

筋肉をつけるための基礎

筋肉をつける(増やす)方法は、もちろん筋力トレーニング(筋トレ)をすることです。
しかし、ただ負荷をかけてトレーニングするだけでは、筋肉はつきません。

筋肉をつけるためには、高負荷をかけて筋肉を破壊することが重要です。
一度に8~10回が限界という程度の負荷でトレーニングしましょう。

1セットだけでなく3,4セットは行いましょう。

1セット目では、まだ筋肉が刺激を受けたばかりなので起きていません。
繰り返して行うことで、より効果が期待できます。


運動により破壊された筋肉が、再生すると以前の筋肉量より増えます。
これを超回復といいます。


超回復が完了するまでに 長くて24~48時間ほどかかります。


運動 → 超回復 → 運動 → 超回復・・・

これを繰り返すことが筋肉をつけることになります

 

copyright 2005 © bd.life-boost.com